家は「買う」ものではなく「つくり。育む」もの。 自然素材の家づくり
家は「買う」ものではなく「つくり。
育む」もの。 自然素材の家づくり

カネキン施工の流れ

カネキンの家づくり

HOME | 施工の流れ

施工の流れ

 注文住宅が完成するまでの流れをご説明いたします。

 カネキン陶山建築では、お客様専属の担当者が見積もりから工事の打ち合わせを行い、工事の現場監督として、商品の発注、工程の管理、現場のチェック、工事の完了確認、お引渡し、アフターメンテナンスまで行います。
複数の担当者による引き継ぎのミスを防ぐことで、お客様の想いと現場とが一体となり、完成まで責任をもって担当いたします。

お問い合わせ・資料請求


 新しく家を建てたい。
 今の住まいを直したい。
 お店を出店またはリニューアルしたい。

新築からリフォーム・店舗デザインまで、住まいに関するご相談はお気軽にお問い合わせください。
<お問い合わせ連絡先>
電話:0533-84-7557
メールでのお問い合わせはこちら
 事前に電話やメールでご連絡を頂けましたら、当事務所でお会いしてじっくりとお話をお伺いします。
当社の施工例をお見せしながら、それぞれの家のこだわりや特徴、コスト・施工期間や当社の家づくりに対する考え方、施工体制、アフターサービスなどについてご説明した上で、様々なご質問にお答えしております。
 土地探しでお困りの方、土地をお持ちでない方も気になる土地がございましたら土地購入を決める前に是非ご相談下さい。ご依頼があれば敷地調査を行い、土地の形状、面積(簡易測定)確認、周囲の環境、日射、風の流れなどその土地の特性や諸官庁に問い合わせて法的な条件をきちんと整理し、家づくりをするプロの視点で的確なアドバイスを致します。土地がまだ決まっていない場合でも当社で取り扱っている土地も紹介させて頂きますのでお気軽にどうぞ!

家づくりに関するヒアリング


 お客様の家族構成、ご希望のライフスタイル、将来の展望やご計画(時期やご予算など)、必要な間取り、構造や仕様、住宅への考え方等のご要望をヒアリングさせて頂きます。

 基本プランを提案するための打ち合わせとして、気に入っている住宅雑誌や写真の切り抜きなどをご持参頂き、特別なご希望があればその実現の可能性や方法を調査いたします。建物のスタイルやデザイン、屋根、外壁、間取り、外構工事(造成工事、庭、駐車場)などをどのようにするか詳しくご希望をお伺いします。

また、ご家族の家づくりへの想いに設計上の諸条件を加えて頂きながらじっくり意見交換をさせて頂きます。

プラン作成とプレゼン


 初期段階として、平面図や立面図・外観パースを作成して基本計画を提案いたします。これを基に今後の設計の方向を決めて、お客様と打ち合わせを重ねていきます。お客様がご納得頂くまでこの作業は繰り返します。ご希望の外壁や内壁、床、天井などの仕上げや、浴室・トイレ・キッチンなど大まかな仕様を決めると基本設計が完成します。
 この基本設計を基に、工事施工費を計算して概算見積り書を提示いたします。予算が合わない場合は打合せの後、図面・仕様の内容を再検討の上、減額検討書を作成して予算内に収まるように修正します。その修正内容をご検討頂き、ご承諾頂ければ敷地の地盤調査を行います。
基本設計・概算見積りまでは無料です。

資金計画・工事請負契約・確認申請


 融資が必要な場合は、融資銀行をご紹介し金融機関への借り入れの申し込みに先立ち、返済額や借入可能額をシミュレーションいたします。
 さらに打ち合わせを重ねてお客様にとってより良い家になるようにプランを詰めていきます。図面が完成すると最終見積書を提示し、プラン、見積金額、資金計画、工期全てにご納得頂いてから弊社との工事請負契約となります。
 
 ご契約後、役所や民間の申請機関に建築確認申請書類を提出し建築許可を取得します。

地盤調査・地鎮祭


 スウェーデン式サウンディング試験法にて地盤調査を行っております。その結果によって建物と地盤に合った基礎を選びます。
 また、どのくらい地盤補強費用がかかるかを確認します。
 
 敷地内の建物を建てる位置に縄を張りお客様に確認していただきます。
 地鎮祭は工事に先立ち、利用させてもらう土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全、お客様のご家族の繁栄と建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを祈祷してもらいます。一般的には家主、親族などが集まり、神式で神主さんが行います。また、着工前には近隣の方へのご挨拶回りをさせていただきます。

工事着工


 いよいよ、工事着工となります。
地盤補強、基礎工事、上棟、屋根工事、外壁工事、内部造作工事と進んできます。

検 査


 当社では、第三者機関JIOによる検査を、基礎配筋時と躯体完成時(接合金物取付後)の2回受けています。
 また、社内検査として現場監督らが現場に集まり、それぞれの視点から建物の仕上がりをチェックする厳しい社内竣工検査を行っております。細かい仕上がりやキズ・汚れ等が無いか時間をかけて入念にチェックします。手直し等必要な箇所があれば、すぐに手直しを行いご満足頂ける状態で新居のお引渡しを行います。
 お引渡し前にお施主様のご厚意によりオープンハウスという形で一般に公開させて頂くことがあります。

お引き渡し


 最後の最後にしっかりハウスクリーニングを行ってからお引渡しです。専門業者により設備機器の使用方法や注意事項などをご説明します。そして引渡し書類として保証書や取扱説明書などをファイルしたものを鍵と一緒にお渡しします。また、工事中の各主要工程の作業風景を撮った現場写真一式と竣工写真集をお渡しします。

 完成後も安心して住めることは大切です。弊社は、建てたら終わりではなくご入居頂いてからもお客様と末永いお付き合いをさせて頂きたいと願っております。ですから建てた後でも万全の体制でお客様の家を一生涯お守りします。
  
 家というものは、工事が完了したから終わりというものではありません。そこからがお客様と家との本当の関わりのスタートとなるのです。建物の外壁、屋根、設備機器等は少なからず経年劣化現象が出てきますので、より住みやすく、より良い家にして頂く為にお客様にきちんと日頃の維持メンテナンス・確認をしていただくようお願いしております。 
 
 大切な「我が家」にいつまでも安心して住み続けられるように、弊社は工事完了後に定期点検を行いメンテナンスに関するアドバイスはもちろん、何らかの不具合がある場合は迅速にアフターケアを行っています。気になることがありましたら定期点検時のみならずその都度気軽にご相談頂ければ状況を確認し、もし問題があれば早急にその解決にあたります。

アフターメンテナンス

保証について


 当社では、第三者機関 日本住宅保証検査機構JIOによる検査を、基礎配筋時と躯体完成時(接合金物取付後)の2回受けています。住宅瑕疵担保履行法に基づき、住宅のなかでも特に重要な部分である構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に対する10年間の瑕疵担保責任を負っています。
 完成・お引き渡しの際に保険証書をお渡しいたします。

施工中の様子

現場の様子をお伝えします

[%new:New%] [%article_date_notime_dot%]

[%title%]

[%article_short_40%]